トップ » 不動産のクーリングオフ
干支のおまもり -  巳年
干支おまもりブログパーツ

不動産におけるクーリングオフ

クーリングオフとは、消費者を保護するために、一定期間無条件で申込みの撤回や契約の解除ができる制度です。不動産の場合の期間制限は、契約の内容などが書かれた書面を受領した日から8日以内ですが、契約の時に申込みの撤回や契約の解除ができる旨を告げられていなかった場合には、8日が過ぎていても可能になります。ただし、現地案内や訪問販売による自宅での契約の場合ならクーリングオフができますが、宅建業者の事務所など落ち着いて考えることができる場所で契約した場合にはできないという適用除外が不動産の場合にはあります。

クーリングオフの条件について

不動産売買契約でも、電話勧誘販売と同じくクーリングオフが可能な場合があります。但し一定の条件がありますので、事前にその詳細を確認する事が大切です。まずは売主が業者で買主が個人である事が条件になります。従って業者同士や個人同士の不動産売買は規定外になります。また業者の事務所で契約した場合にも、条件に当てはまらなくなります。さらにそれ以外にも細かい条件がありますので、消費者センターや弁護士に事前に相談する方が間違いがないです。もしクーリングオフを行う場合は、必ず書面で行う事が必要です。できれば内容証明郵便で送る事が理想的であります。