トップ » 不動産の瑕疵担保責任とは
干支のおまもり -  巳年
干支おまもりブログパーツ

不動産取引における瑕疵担保責任

不動産取引においては瑕疵担保責任というものがあります。瑕疵とは「かし」と読み簡単に言えば「キズ」のことです。例えば、買った物件に雨漏りがしたとか、法令により建築制限がかかっていたなどがあった場合に、買主が売主に損害賠償を請求したり予定通り使えない場合には契約を解除したりすることがができるという制度です。しかし、売主としては長くこの責任を負わされてしまったらたまったものではありません。よって、民法上だと不動産の買主が隠れたる瑕疵の事実を知ってから1年以内に制限がされていますし、特約によって排除することも可能です。ただし、売主が宅建業者の場合は上記した民法の規定よりも買主に不利な特約を結んではならないという制限があります。

瑕疵担保責任のある物件は?

瑕疵担保責任とは、不動産の売り買い物件で、契約物件に隠れた欠陥が合った場合に売主が負う担保責任になります。隠れた欠陥の一例として、建物の骨組みに問題があるなど構造上の欠陥や、屋根の雨漏りなどです。リフォームの必要なし、住居に問題なしという中古住宅を購入したのに、雨漏りや傾き、土台に問題があったら困るどころか金銭的にも大きな損失です。不動産は大きな買い物です。ですが分からない瑕疵があることも無きにしはあらずであることから、買い主が契約の際に瑕疵の存在を知らず、知らないことが買い主の落ち度ではない場合にのみ、損害賠償の請求や、契約の解除が出来ます。